« お菓子がそこにある物語vol.3《イチゴのショートケーキ》 | トップページ | 私が若者につたえたいこと »

2016.12.10

なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか?ーそれから生まれたウチコのルール☆

自分にとって『真の幸せ』とは何か?

誰にとって、どんな存在でありたいのか?

ルール=自分だけの美学。




こんばんはー!

新潟県村上市にあるお菓子屋ハッピーシュガーのウチコです☆




これ、知ってる人は知っていて、知らない人は全く知らない、でもとってもいま話題の本です☆

短パン社長こと奥ノ谷さんブログ

ウチコが尊敬するとともに大好きな方、奥ノ谷さんがオススメする本ということ。

最近自分の中で本を読む時間が大切になっていたこと。

全てが合致して買いました☆

これ、一流の人たち、すごい人、面白い人たちの「美学=マイルール」をまとめた本なんです。



ちょうどその前に、この本でもちらっと出てくるマイルールを守ることで有名な村上春樹さんに感化されて、
ウチコもマイルールについて決めたところでした。

●お店で働くのは12時間以内ときめる
●肌を手入れする
●ストレッチ、週二回のウォーキングをする。

あれから何週間、ほぼきっちり守っていますー(=´∀`)人(´∀`=)

それで何が良かったかというと、

本を読む時間ができた
心に余裕ができた
イライラすることが少なくなった
自己嫌悪が減った
仕事が楽しくなった


などでした!!ほんとに些細なことで変わるもんだと驚いています。

そこにきて、この本。

是非とも読みたいと心待ちにしていたのです。

28人のマイルールは様々でした。

共感できたもの、驚いたもの、面白かったもの。感心したもの。

その中でも心に響いた3つ。

それは

秋元康にまなぶマイルール
『定期的に嫌いな人に会う』


佐藤可士和に学ぶマイルール
『裸にすること』


古代日本人に学ぶルール
『正しいかどうかより、美しいかどうかで判断する』


この3つでした☆

ぜひこの本を手にとってそれぞれのマイルール読んでもらいたい。

秋元康さんの定期的に嫌いな人に会うというルールは、ウチコのいつも考えていた『いろんな人がいていろんな価値観を受け入れたい』という気持ちを助けてくれました。

こんな考え方があるんだ!すごい!と感心してすぐに真似したいと思ったルール!

古代日本人に学ぶルールでは、

『美しいか、美しくないかで物事をきめる』というもの。
私はよく、美しいものが好きだし、
物事においても美を真ん中において考えることが多かったことに改めて気付かされました。

おしゃれも、
言葉も、
仕草も、
美しくしていきたい。
そう、さらに思いました。
少しずつ、自分の足りないところを
美しさを足していきたい。
そう思わせてくれたルールです☆

最後の
佐藤可士和さんの裸にすること。
じつはウチコが感銘を受けたのは、
この佐藤可士和さんのマイルールを受けて、
作者のひとり、ひすいさんが、仲良くしているだいちゃんから教えてもらった定義の深堀の話を書いてくれた部分です。

仕事の本質とは?を
どんどん深堀するやり方。

これをひすいさんの真似をしてウチコもやってみたんです。

すごくむずかしかった!笑

でもよく考えてやってみました。

こんなです。

「ウチコにとって仕事とは?」



「お菓子屋さんを経営すること」

ここに、とは?をつけていきます。


お菓子屋さんを経営することとは?




「来てくれた人の心に潤いをもたらすこと」

心に潤いとは?



「明日を頑張る元気、勇気、優しさを心に持つこと。その結果人にも自分にも優しくできる心の余白をもつこと

優しくできる心の余白をもつこと とは?



「何が一番自分にとって大切かを感じ取り、素直に人生を楽しむようになること」




ウチコの仕事は

「お客様の元気、勇気、優しさを引き出し、素直に大切なものを大切にできる幸せな人生を送る人を増やすこと」




な、なんか、壮大ーー!!!笑

しかも難しすぎて超かきかえたーー!2時間かかったーーー!笑

壮大なとこに行き着いて、びっくりしたけど、でもそうなの。ほんとうにそうなの、と思いました。

いつも思ってること。


これが、私のやりたい仕事の本質だったんです。。。

うう、やっと言葉にできました。

お菓子を通してかもしれない。
スマイルトレーニングかもしれない。
はたまた違うものかもしれない。

でもいつだって私はこうなったらいいと、
自分も自分に関わる人も幸せであって欲しいと思っているのです。




この本はマイルールをつくることをさせてくれる素敵な本です。

それと同時に読む人の中にある愛をあぶり出す本だとウチコは思いました。

だから、奥ノ谷さんが『優しい気持ちになる本』
って言ったんだろうな☆

そんなわけで珍しくながー!

さいごにこの本をみてウチコがきめたマイルールをご披露します。

きっとまた変わるかもしれません。
少しずつ。いつか確固たるウチコルールをつくるために。。

●旦那さんに優しくする。
●美味しいご飯を美味しくたべる
●毎日本を読む
●お肌の手入れを大事にする
●お店では12時間以内仕事する
●嫌いな人に接するときはよく観察する
●毎日ストレッチ、週二回ウォーキングする
●どんなに旦那さんが変わったことを言ってもおもしろがる(笑)
●物事を正しいか正しくないかで判断せず、
迷ったら美しいか美しくないか、できめる。
●やりたくないことは無理にせず、やらないか得意な人にお願いする
●何があっても大切な人を大切にする



著者のひすいさんと滝本洋平さんは言っています。

何が自分にとって真の幸せなのかがわかったときに、自分だけの美学がうまれる。と。

素敵なマイルールを人生に。

あなたの輝く人生にもマイルールを。





|

« お菓子がそこにある物語vol.3《イチゴのショートケーキ》 | トップページ | 私が若者につたえたいこと »

うちこつれづれ」カテゴリの記事

ウチコが出会った人たち。」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1370212/68792091

この記事へのトラックバック一覧です: なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか?ーそれから生まれたウチコのルール☆:

« お菓子がそこにある物語vol.3《イチゴのショートケーキ》 | トップページ | 私が若者につたえたいこと »