« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016.11.30

その道のプロであるならば必ずしなくてはいけない事

それは決して楽という事ではありません。

簡単という事ではありません。

だけどもそれが

それはプロの第一歩であり、プロであり続ける事ができるために必要な事なのです




おはようございます☆
新潟県村上市にあるハッピーシュガーのウチコです

こたつをだしてー

ラックを組み立ててーー



(わては本気やで!)







できたあーーー!!!!

(笑)

ちいさな住処に住むウチコの少しでも綺麗な場所に住みたい大作戦☆

最近、本当に痛感していることがあります。

身の回りを整える。自分を整える。そして大切にすることで、仕事のパフォーマンス力が上がる

ということ。

ある日出会った



この本に作家の村上春樹さんがどんな風にいままでながいこと、第一線の小説家でこれたかがつまっていて、

ウチコは思いもよらない収穫を得たのです。

そこには、

長きにわたって構築した自分だけのやり方

を作り出す事。が書いてありました。

それはただ闇雲に好きなやり方できまぐれにやる、というものとは全くちがい、逆に

自分が最高の力を発揮するためにきっちりと自分を整えること



と捉えました。

具体的に言うと、

仕事をする前の【やりたい】と思える状況をつくること。

フィジカルを鍛えること。

時間を味方につけること。

ウチコがいままでやってきたことと正反対で、しかも、わたしの悩みを一蹴する強さを持った文章でした。

ウチコはさっそく、真似してみます。

毎日仕事をする時間を12時間にかぎること(ウチコの場合は厨房に立つ時間)どんなに仕事がしたくても、次の日にする


必ず30分週に二回は歩くこと<

自分を大切にして手をかける。ウチコの場合は朝晩のお肌の手入れをかならずやること

この3つをルーティンワークにすることに決めたのです。

これは村上春樹さんがしろといっているのだはなく、
その本からわたしが自分に必要なことを感じ取って、してみようと決めたこと。

実際始めてから、ずっと最近感じていた頭の重さ、感覚の鈍さがスッととれていきました。

締め切りに追われて闇雲に仕事をすることは若いうちはできるが、書いているうちにそのうちに小説自体が痩せていく気がする。

というようなことがかいてありました。

はあ、、、それは実感していたことなのです。

人は心と体のバランスを全く切り離してはいきていけません。

そんなことをやっているうちに
ウチコにある変化がおきました。

みのまわりを綺麗にしたい

どうやったら自分の仕事の能力があがるか、
体が、脳が導き出している感覚でした。

大嫌いだった苦手だった整理整頓を
精力的に行いました。

すべてがすっきりして、
未来のビジョンまで少しずつ見えてきたのです。

ここで、ウチコが言いたいことは

12時間きっちりはたらけ、でも
30分はしれ、でも
かならず肌を手入れしろ、でもありません。

自分なりの最もパフォーマンス力(体力、心を含む)が上がるであろう方法を構築すること

それがながく仕事をする上で最も大事だということに気づいたということです。

女性は自分に手をかけると、モチベーションがぐーーー!っとあがります。

1日を健やかにすごせます。

だから女性であるわたしに必要なことのなかにお肌を整えることを選択したのでした。

はるか昔写真家の父がおしえてくれました。

マイペースをつくることがプロの第一歩

まだわたしは第一歩も、踏み出してなかった。

これからきっともっと自分の能力を発揮はしていける気がする。

そんなことを学んだのでした。

| | トラックバック (0)

2016.11.27

夢の中で目覚める方法

みなさんは夢を見ますか?

そして、その夢の中で、夢だと気づいたことがありますか?




こんばんは!

新潟県村上市にあるハッピーシュガーのウチコですー☆

突然ですが夢の中で夢だと気づいたことがありますか?

ウチコは小さい頃みた夢をよくおぼえています。

大きな体育館ででっかいたぬき2匹のお腹に挟まれた夢。

自分がお母さんだよ、と何人もの女のひとがベルトコンベアでながれてきて、話しかけてくる。やっと来たとおもった本物のお母さんは氷漬けでしゃべれなくなっている夢。

とくにお母さんの夢はよく見ました。

その中でもよくよく覚えていることがあります。

夢の中で夢だと気がつくこと

です。

いままで、とくに誰にも話したことはなかったんだけど、

夢の中で夢だと気がつくことが何度かありました。

『あ、いま夢見てる』って。

途端にこわくなります。

だって、夢だからどんなことがおきるかわからないでしょ?(笑)

どーしよどーしよっておもって

何度もなんどもそんなことがあるうちに

次第に自分を夢から目覚めさせる方法をウチコは編み出したのです。

それは、

なんとも物騒な話ですが。。

自分を夢の中で死なせること

ひい!こわー(笑)

でも、例えばもう、夢から覚めたい!って思ったら

階段の上からわざと転がり落ちたり、

台所にいって包丁をおなかにさしたり。。
(間違っても現実ではかんがえたこともありません!)

夢の中の自分にできるだけ大きな衝撃をあたえることで、

は!!

っと現実に帰ってこれることがわかったんです。

要は夢から覚めるんですね。

そんなことが何度かあったけど、それもだんだんなくなり、

すっかり自分でも忘れていました。

ところが、それから何十年後。

ある日、映画大好きな旦那さんがある映画の話をしたのです。

それは、

レオナルドディカプリオの『インセプション』

わたし、見てないんですけど、間違ってるかもだけど、、

聞いた話によると、その映画の中では

人の夢の中や、自分の夢の中にどんどんはいって、そこでも現実みたいに暮らせるようなんですね。

夢だからいろんな楽しいことなんかができて。
現実ではできないことも。

しばらく楽しんで現実に帰ってくるを繰り返してたんですが、

夢の中の自分の、そのまた夢の中に入っていくことによって、
どれが夢だか現実だかわからなくなることもあるらしいんです。

はやく現実にもどらなきゃ、、

そんな時、夢から現実に戻る方法がなんと!

自分を死なせること

だったんです!!

それを聞いて、ウチコは

『わかる。。わたしもそうしてた』っていったら、

その映画が大好きな旦那さんは
たいそう悔しがって(笑)
(彼はその体験は未経験でした)
ウチコはなんだか鼻高になったのです(笑)

それにしても、同じ体験をしたひとが少なからずとも一人はいた、ということではないか。と。

周りのひとにきいても、誰一人、同じ体験をしたひとがいなかったんですね、、

ウチコはスピリチュアルなことには
まったく興味がない、というよりも、
昔から直感に動かされることが多かったので、たいして珍しいことでもありませんでした。

世の中には目に見えない不思議なことや力がかならずある。
シックスセンス。第六感というやつでしょうか。

霊感はみえるほどはないですけど。

たいして目に見えてることなど、
大切なことは少なくて、
目に見えないことの方が
よっぽど人生において大切ではないかと常々思うウチコです。

たとえば。

人の空気感や、優しさなど。

ね。

そんなわけで、もし、この話を見てわたしも!ぼくもそんな体験があるよ、というひとはぜひ教えてほしいなあ。

そんな徒然ブログでした☆

| | トラックバック (0)

2016.11.27

クリスマスケーキができたよー!

毎日が挑戦で、大切な日常。

美味しいお菓子を作り出すための

方法を、わたしの最善を作り出したい。




こんばんはー(=´∀`)人(´∀`=)

新潟県村上市にあるお菓子屋ハッピーシュガーのウチコです

ついに!できたよーーー!




2016年、ハッピークリスマスケーキ!

ご予約は店頭かお電話のみで受けてます☆間違いをおこさないためなので、なにとぞご協力お願いいたしますー☆

今年は特に遅かったけどその分、納得して作りました、このラインナップです☆




Xmasベリーシフオン




苺のXmasショートケーキ(チョコ味もできます)




チェルビーノ(コーヒー風味のホワイトチョコムース




ショコラショコラ




Xmasチーズチーズ




きらきらフルーツタルト

このラインナップのほか、実はシークレットでもう一品!メルマガ会員さまには火曜日配信しますね☆

そしてーー!ここが大事☆




12月15日までで締め切りです

というのも、材料調達、仕込みの計画などどにかくタイトなスケジュール。

ハッピーシュガーはウチコとみかんだけが作る小さなお菓子屋です。

まるさん、のんさん、みかん、ウチコが、
いつもより倍忙しく働いてもなかなか終わらないXmas。

とても嬉しいのと同時に、とてもタイトなスケジュールになってきます。

ぜひお客さまにご協力いただいて、美味しいケーキをお渡ししたい

その気持ちだけです。

ぜひご協力いただけたら幸いです☆

当日、小さいケーキはでますか?と毎年聞かれるのですが、いまの時点ではだせると言えない状況ですー!

基本的には出しませんが、
当日もし余裕があればできるだけ10個でも20個でも出したいと思ってはいますー!

でも出せないかも、しれません。

どうかお許しくださいー(>_<)

さて、そんな今日。

FACEBOOKやツイッターみてくれたのかな。。

なんといつもより信じられないくらいたくさんの予約が一気に入りました!!

たくさん入ったことではなく、
みなさんが早めに予約してくださったその優しさが、、

本当にうれしかった。。(>_<)

お菓子屋を開いて7年目。

毎日が小さくて大きな挑戦の日々です。
自分のスタイルを、確立すること。

それはケーキの見た目とか味とか云々ではなく、お菓子を作り続けるための、
毎日のシステム構築のことです。

身体を大事にしながら、心を整えながら、
お菓子を長くつくっていくためにどうしたらいいのか、日々挑戦しています。

クリスマスケーキのご案内の仕方、
受け方、作り方もすべて、そのために、
よりよい方法を模索しています。

それは最後には、ハッピーシュガーの、ウチコのケーキを楽しみにしてくださっているお客様に、すべて美味しさとなって還っていくものと信じています☆


(あー肩がちょっと痛い、、鍼行こう)


12月15日までですが、
人気のものや24日お渡しは早めに打ち切る可能性がございますので、
ぜひ、お早めにおまちしておりますー!

お正月には3日の午後はガレットのお渡しのみで営業予定。

そう、、年末までとにかくノンストップなのだ!!!いけー!

どうぞ今年最後までよろしくお願いいたしますー!(=´∀`)人(´∀`=)

| | トラックバック (0)

2016.11.26

好きな人には好きと言おう

ひとに誇れる特技はなんですかと聞かれたら

わたしは迷わずこう答えます。

気持ちを素直に言えること。




こんばんはー!新潟県村上市にあるお菓子屋ハッピーシュガーのウチコです

みかんが、、みかんがスヌーピーにはまってるとかなんとか、、ほんまかいな(笑)

まったく初耳ですが、とにかくスヌーピーのものくらいは、好きなだけ買ってほしいものです。(お給料はきちんと払ってます(笑))

さてさて。




いまこの本が面白くて面白くて。

目の前にこんな話をしてくれる人がいたら、好きになるんじゃないかと思うくらい、面白いです。

あー面白い。

面白い本というのは罪なもので、ほんとにそのことだけを考えてしまいます。

という、話ではなく。

今日は特技の話。

あなたの特技はなんですかと言われれば
わたしはこう答えます。

気持ちを素直に言えること。

なんだよ、そりゃ。そんなことかいと
いう人もいるかとはおもいますが、

かくいうわたしもそう思っていました。

そんなの簡単じゃないかと。

しかし、周りを見れば、そんなこともない。

なかなか素直に気持ちを言えない人、
恥ずかしくてぶっきらぼうになる人、
好きな人の前だからこそ本当のことが言えない人、

たくさんいたのです。

これは大人になってから知りました。

母親に『みんながみんな、あんたみたいになんでも言えるわけでない』って、、(笑)

そうか。そうなのか。

わたしだってなんでもいうわけではありません。分別つく大人になってからはとくに。

いっても仕方ないこと
言ったことでその人が嫌な思いをすること
不快なこと


その類はいわないことにしています。

それでも、それはわたしの物差しで言ってるのでもしかしたら、他の人からみたら、わたしの言ってることが

上の3つに当てはまることもあるかもしれませんが。


相手に対する賛辞
その時思った素敵なこと
自分の素直な気持ちは、表現して損することはない気がします。

もちろん、好きな人にはきちんと
言葉にして伝えます。

もちろん迷惑でない範囲で(笑)

そんなとき、相手の立場を考えることはとても必要になってきます。

素直な方が絶対得です。

素直になって何も失うことはないです。

よく聞くのが、恥ずかしい。というやつ。。

これが私には欠落してまして。

まったく恥ずかしくない上に、周りの目が気になりません。

周りが自分をどうみているかとか、そんなに気にならないたちなのです。

もちろんそれは、自分が信念をもって物事をやっているときの話です☆

そう。

何かを信念をもってやっているとき、
信じてやっています。
これは自分にとって必要だと。

何かを変えたいとき。

何かがうまくいかないとき。

そんなときは自分に素直になって、
周りにも素直になって、
シンプルに生活してみると案外楽になるかもしれません。

たべて、寝て、笑って、話して、夜が来て寝る。
好きな人には好きと言おう。





そんなことをふと思いました☆






| | トラックバック (0)

2016.11.23

クリスマスが大嫌いなお菓子屋さん

クリスマスが嫌で嫌でたまらない。

わたしはそんなお菓子屋だったのです。




こんばんは(=´∀`)人(´∀`=)

新潟県村上市にあるハッピーシュガーのウチコです

きょうやっと、クリスマスケーキのチラシの下書きが上がりました!




これこれー

明日まるさんに最後直してもらって入稿して、チラシできるのを待つばかり!

どーしても!と言ってくださった遠方の方にはもうお伝えして、早速注文をくださった方も!本当にありがとうございます。

さて、ここからは

本当のことを書きますね。

わたしはクリスマスが大嫌いでした

お菓子屋さんはクリスマスがいちばん忙しい。

たくさん売れまくってたくさん儲かってウハウハなんだろう!

そう思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、クリスマスの儲けはほとんどありません。

むしろ、いつもの方がまだ利益があるかもしれません。

洋菓子、といわれるケーキは
ほとんどが手作りです。
機械を使って混ぜることもあるけれど、
ほとんどが手作り。

だから1つのケーキをつくるのに何時間、
何日間もかかります。

それをつくるには、人が必要。

それもある程度の技術のある人間が必要なんですね☆

みんなの大好きなイチゴは、
クリスマスの時期、途端に値段が上がり、
普段は500円以下の1パックのイチゴが、
1500円にまであがる
こともあります。

使わないわけにはいかない、イチゴ。

年々上がる材料の値段。

突然その日イチゴが高くなっても、予約のケーキの値段は変えられません。

とんでもない数のケーキをつくるには、
大人数で長時間労働。

急いでつくるしやっぱりヘトヘトでつくるからおいしいものを100パーセント作れないのがなにより辛い。

そして、場所も冷蔵車を借りたり、
冷凍庫をかったり、

クリスマスは、

ボランティア

そう、わたしの師匠は言っていました。

24日にあまりに厳しい体調で、師匠が突然口をきけなくなり、体も動かなくなって、
救急車で運ばれたこともありました。

なぜ?

なぜそんなに苦しいことをしなくてはならないのか。

それは、

今までそうだったから

たったこれだけの理由で、
そうしてきたのでした。




ウチコはお菓子を作るのがだーーーーいすきです(=´∀`)人(´∀`=)

それを買ってもらって、そして食べてもらって、みんながほんわか幸せな顔をするのがとても幸せです。

苦しい時も辛い時もあったけど、
ここまでやれてきて本当によかった。

そしてこれからもこの仕事を続けたいと思ってます。

だからこそ、クリスマスに無理をするのはやめようとおもうのです。

無理をやめて、やみくもにつくらないで、
本当に欲しいと思ってくださる人に、
大切につくる。

おいしいものをつくる。

それが本当のお菓子屋さんがするべき仕事だと、ほんとはみんなわかってる。

だけど、
なかなかどーしたらいいかわからなかったり、うまくやれなかったりで、
心まで疲れて、お菓子を作るのが嫌になってるひとも、たくさんいる。

でも、お菓子屋さんが変わらなきゃ、
いけないんですよね(=´∀`)人(´∀`=)






手間がかかることから、予約のみで
しかも待っていただいてつくっている、
このお花ジャムクッキー。

昨日で100缶を超しました。

いまもご予約いただいてます。

待っていただいてお菓子を作れるなんてなんてありがたく、幸せなんだろうかと、
心が震えます。

今年のクリスマスは、
スタートも遅いし、
締め切りも早いし、
時間限定数がすくないし、
もしかしたら嫌なひともいるかもしれない。

でもその分、ちゃんと説明して、
イチゴも高くなるから普段より値段が高くなることや、手間がかかること、、
それでもいいという方に買ってもらえたら
おいしいケーキが作れると思うから、

とても楽しみなクリスマスなのでした。




あともう少しでできます。

ブログでいちばんにおしらせしますね☆

| | トラックバック (0)

2016.11.21

誰かを元気にするために笑う人生にしたい

覚悟を決めた人をみるたびに

感動をおぼえる。

覚悟を決めた人は強い人、じゃない。

たくさん傷ついて、だけど人のことが大好きな人。





こんばんはー!

新潟県村上市にあるお菓子屋ハッピーシュガーのウチコです

スマイルトレーナー同期の誉子さんは、ご自分の誕生日を記念して、重太みゆき先生を呼んで講演会を企画したのですー!




そこにすこしだけお手伝いで
参加することになったウチコです。
FACEBOOKに投稿したら、みなさん応援してくれてありがとうございます(笑)

ほんとちっと喋っただけだったけど、

なんとみゆき先生のお隣でご飯をいただけて
お話できたのが嬉しかったなあ




超絶小顔のみゆき先生。毎回並ぶのが切ないです。。

みゆき先生は、ウチコに笑顔を教えてくれた人。

今回もまた、教えてもらった。

わたしがしなきゃいけないこと。

これからしていきたいこと。

他の人を幸せにするために笑うってこと




みゆき先生は、ほんとにいろんなことがあってくじけかけたときも、もうだめだってときも、、

その度に誰かの素晴らしい言葉に出会って、

もう二度と自分の境遇を嘆かない、不平不満言わないって決めたそうなんです。

20年間、とにかく笑って、苦しくてもどうにかなるって

覚悟を決めて生きてきた方。

笑顔は自分で見ることができない。

だから100パーセント、他の人のためにあるよーって(=´∀`)人(´∀`=)


誰かに呼ばれたときにっこりしたら嬉しいね

一緒にたべてるとき、笑いながら食べるとおいしいね

苦しいとき、いっしょにがんばろーって
笑ってくれたらすこしだけ元気がでる




ほんの少しの時間でも、
笑顔でみなさんの前に立ててたらいいな。

みゆき先生に出会ったころより、
素敵な笑顔になれてたら、いいな。

そんな徳島に来る機会をくださった
誉子さん、本当にありがとう。

そんなわけで初めての徳島は人にたくさん出会った旅でした。

そして、、、




とりあえず、徳島ドトール経験しました!!

全国チェーンだけどーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

アップルナンチャラおいしかったわあ。。

さよなら徳島。また会う日まで。

明日はもう1日、クリスマスの準備のためにお店はお休みです。

今日は小さい頃からお世話になった叔父の告別式でした。

さっき、終わった。。

人の一生は、限られている。

わたしはお菓子を通して、自分を通して、
誰かの心を楽にしたいな。

楽になったら元気になって、
そしてほんとの力を出せるから。

水曜日は営業です☆どうぞよろしくお願いします(=´∀`)人(´∀`=)






| | トラックバック (0)

2016.11.20

ウチコ徳島初上陸

えーと突然ではありますが、、




大阪経て、いま、、




徳島のとある一室におります!!!!

おはようございます☆

新潟県村上市にあるお菓子屋ハッピーシュガーのウチコです☆

それは数ヶ月前のある日のこと、、

『ウチコー私の誕生日で重太みゆき先生呼ぶねんー来てくれる?』

そう、スマイルトレーナーの美人の同期がメッセージしてきました。

『徳島だけど』




徳島ーーーーー!!!

徳島といえば四国!

そして阿波踊り!

新潟、徳島。徳島、新潟。。。

とおーーーーー!!!!

一瞬迷いましたが、

『これも何かのご縁だな、、』

とおもい、そのお誕生日のお祝いかねた
重太先生の講演会におよばれすることになりました(=´∀`)人(´∀`=)




伊丹にいったら、551たべるう!!

と意気込んでいたものの、




あえなく激混みで断念。。アーメン。

しかし帰りは並んでもおみやげにするぞ!と
固く心に誓って





夜の大阪を爆走!(運転手さんが、、)

眠ってるお客様は起こしません。

という非情なアナウンスに

怯えながら目をかっ開くウチコさん。。

そして、ついたら




160人だかなんだかの前でしゃべることになってた。。。

いや、ほんとにさっき聞きました。。

スマイルトレーナー、だもの。

や、やれる。うん。

そんなわけで、行ってきます。。

新潟のハッピーシュガーではわたしがいない中もみんなで協力して今日は営業です!

拙い点あるかとは思いますが、ぜひ温かい目で見ていただけると本当に嬉しいです☆





では、いってきますねーー




| | トラックバック (0)

2016.11.19

お菓子がそこにある物語 vol.2【恋せよ☆アップルパイ】

想いを言葉にするってなかなかむずかしいこともありますよね(=´∀`)人(´∀`=)
とくに贈り物のケーキにつけるメッセージは男性は悩むひとも多いみたい。
今回はそんなメッセージと恋せよアップルパイにまつわる物語です☆


***************************************


ーーー自分で言うのもなんだが、ぼくは普通だ。



まだ慣れない満員電車に押し込まれながら僕は辛うじてスマホの画面をタップする。

『月曜日は何時になりそう?』

春に結婚したばかりの妻、ミチからメッセージが入る。可愛いうさぎのスタンプは小首をかしげていた。

生まれてこのかた、とくに褒められるような特技もない。
一応国立大出だけど、とくに有名な大学でもない。ごく普通に入学し、ごく普通に卒業。
そして、就職。すごい挑戦もしたこともない。

たぶんぼくの半生を小説にしたら、きっと3ページで終わるに違いない。


ミチからのメッセージに『たぶん8時くらいだよ』と返信して、
ぼくはツイッターのダイレクトメッセージを開いた。

つい先日、タイムラインで見かけた新潟のお菓子屋さん。
友人の奥さんが大好きでよく、このお菓子屋さんのケーキをお取り寄せしているらしい。

ハッピー、、は、なんだっけな、、

確認するとハッピーシュガー。
ウチコという人が作っているらしい。

正直ぼくはお菓子のことはよくわからない。
子供の時にたべた近くのケーキ屋のチーズケーキが最後の記憶だ。

『すっごくおいしそーーいいなあ』

ミチがツイッターの画面をのぞきこんでつぶやいたのは、つい昨日だった。




『恋せよアップルパイ』

ミチはアップルパイが大好きだ。

だけどシナモンが苦手なので食べれないことも多いという。

でもこの恋せよアップルパイは、どうやらシナモンが入ってないらしい。

遊びのような名前の付いたりんごのパイを妻はじっと見つめている。

そのとき、月曜に食べるのはこのケーキ。ぼくはそう決めたのだ。


ーーーこんばんは。はじめまして。
実はウチコさんのアップルパイを妻にたべさせたくてメッセージしました。

生まれてはじめてお菓子のお取り寄せをすることにした。

春に結婚したこと。
引っ越してまもないこと。
結婚記念日が月曜にあること。
そして、
妻を喜ばせたいとおもっていること。。

なぜかぼくはまるで身の上相談のように
書いてしまった。

返ってきたのは

ーーメッセージはどうしますか☆記念日なら大好きとか、愛してるとか、
だいたいそんなかんじです。

ぼくはぎょっとした。

『うそだろー。。』

いつから日本の男はそんなに積極的になったんだ。

ーーそんなこと書きます??

そんなぼくに

ーー喜ばせたい方は書く方が多いです☆

ああ、なんと。

何も言えなくなってしまう。

もうこの人には普通のことなんだろうか。。

きっとそうなんだろう。今までたくさんの人のメッセージをケーキに乗せてきたのだから。


うだうだしてるといつのまにか駅についていた。人をかき分けてやっとの思いで電車を降りる。

これから先、彼女を喜ばせることって何度あるだろう。

こんな普通のぼくに彼女を喜ばせれることなどあるだろうか。

それでもプロポーズしたとき、彼女は嬉しそうに笑ってたっけ。

もちろんぼくは、結婚してくださいと言っただけだったけど。。

喜ばせたかったら、、か。。


手の中の点滅した書きかけのメッセージ。

『よし、、』


ーーーメッセージは、いつもありがとう。大好きです。これからもよろしく。



書き終えてぼくは、勢いをつけて送信した。

知らぬ間におおきく息を吐く。

はあ、、緊張した。。

プロポーズしたときとおなじくらい、緊張した。。

だけどなんだかとてもいい気分。

改札をぬけるとたくさんの会社帰りだと思われる人たちが帰路を急いでいた。

見上げると細く下弦に光る月がでている。

こんな程度で四苦八苦するなんてやっぱりぼくは普通の男みたいだ。。


だけど。

そんなぼくでもできることは、あるはずだ。

月曜には恋せよアップルパイが届く。

きっとミチは驚くに違いない。

そう、ぼくの挑戦はいまから始まる。

いつも彼女を笑顔にすること。。


こころなしか少し胸を張って、ぼくはミチの待つ家に歩き出した。


end



| | トラックバック (0)

2016.11.16

SNSを使うことをパートナーにまだ理解してもらえてないあなたへ

誰かが自分のことをわかってくれないと思う時は、

自分もその人をわかってない時。

そんな気がするのです。




こんにちはー(=´∀`)

新潟県村上市にあるハッピーシュガーのウチコです

今日は1日、木工にあけくれました。
旦那さんがしてくれようとしたけど、
二人でやるのも大変なので、
買い物に行ってもらい、お弁当を買ってきてくれて、お腹いっぱいになりました(=´∀`)人(´∀`=)


結婚して四年目ですが、自分以外の人というのはやはり謎であります。

自分のことでさえ謎なのにね。。そうですよね。

ウチコは1年前くらいからSNSを使っていろんなことを発信したり、
お菓子のこと、自分のことを知ってもらおうとしてきました。

大阪製缶の清水社長を通して、
アパレルメーカー社長短パン社長こと奥ノ谷さんのことを知ったり、
そこからさらにつなげていただいて
日本中のいろんな方を知ることができました。

だからほんとによかったなあーって今はおもってます。

でも、やっぱり新しいことをしようとすると
1番身近な人が心配のあまり、よくない顔をすることもありませんか?

ウチコはありました。

旦那さんはもともとそーいうことがあまり好きでない人。

自然とか宇宙とかシンプルな考えが根底にある人だから、

一見、かけ離れたものに感じたのかもしれません。

わたしも、自分がやろうとしてること理解してもらおうと必死で、
説明したり、必要性をはなしてみたり、

でも、人って

そんななんでもかんでもうまくいくわけないですよね。

だから、
いつの間にか
話さないようになったんです。

前向きな意味で話さないことにしました。

二人でいる時は携帯をいじりすぎない。

相手の話をまず聞く。

こんなこと、あんなことあってって、
彼が知らないことばかり話さない。

ぎゃくに、彼が話したことは全部、聞く。

今までは、もしかしたらわたしも全部話さなきゃいけないと思い込んでたかもしれません。

旦那さんが嫌かもな、と思うことは
あえて言わないようにしました。
それも、悪いことでなく
価値観はそれぞれだから。

これはあくまで私が感じたことなので、旦那さんに言ったら、
『別にいやなわけじゃない』っていうとおもうけど。。





そうしながらも、
なんとかうまく彼の携帯をスマホにしたり(笑)
彼の携帯にInstagramをアプリをいれたり
面倒くさそうだったけど彼のアカウントをつくったり、

彼のその意見を否定せず、でもわたしもいいと思うことはこっそりちょっとずつどんどんやりました。

最近、

すこしずつ何かが変わってきた気がするんです。

Instagramに自分の好きなDJさんがコメントしてくれたって喜んでた旦那さん(=´∀`)人(´∀`=)
楽しみ始めててすごく嬉しかった。

飲食店がきついって話を同業の人と話してたとき、これからは個人にお客さんがつくようにしないとだめなんだよね、って話してたのを聞いて、なんか嬉しかった。


最近
わたしがSNSで出会った人のことを
とてもすごいなあーと感心するようになった。
興味がわいたみたいです。

Instagramで知ったキムチを買ってた(笑)

そして1番うれしいのは、ウチコがSNSを通して出会った方たちが旦那さんのお店に行って、

『旦那さんめっちゃ面白かった。すごく好き』って言ってくれる人がたくさんいたこと。

それが、何より嬉しかった。

旦那さんもいいひとばっかりだったって喜んでました(=´∀`)人(´∀`=)

でもだからといって、
私が毎日してることを彼がしなきゃいけないともやっぱり思ってはいないのです。

私ができないこと、彼もたくさんできるから。

あーしたほうがいい、こーしたほうがいい、は、
時として相手を傷つけ、頑なにしてしまうことがよくわかったから。

時間がかかってもいい。

ほんのすこしだけ、二人の中で重なる事柄が増えていけばいまはそれでいい気がします。


昔ほとんどなかった電話がみんなもつようになったり、

携帯が嫌だという人も、いつ間にかもつようになったり、

時をかけて遅かれ早かれそれは、当たり前になっていく。

それをじっくり待つということは、

女のの腕の見せ所なのかもしれません。

パートナーに遠慮して
SNSを使ってお仕事すること言えないことがたくさんあるみなさん。

無理せずゆっくりいきましょー(=´∀`)人(´∀`=)



そんなことを思ったのでした。

| | トラックバック (0)

2016.11.14

クリスマスケーキ、もう少し!

今年もあの日がやってくる!

一年に一度、お菓子屋さんにとっては集大成の聖夜の夜!!





こんばんはー!

新潟県村上市にあるハッピーシュガーのウチコですー

さーて!ほんとに遅いウチコのクリスマスケーキダッシュ始まりましたよ(笑)

やっとデザイン、値段、種類が決まって。

来週には撮影、そんでもってチラシができて
店頭、お電話でご予約開始です。

今年のクリスマスケーキは

➀ほぼご予約優先でお作りします☆

②基本的にお渡し期間は23.24.25日。その他は是非ご相談くださいね☆


③手作り、そしてできるだけ作りたてのおいしいものをお渡しするために
23日、24日、25日日はそれぞれお作りできる台数が限られています。
ご予約お早い順に、
日にち、時間ともに選んでいただき、
いっぱいになった時点でその
枠は締め切りとなります(=´∀`)


そうすることでより安全に、丁寧にクリスマスケーキをお作りできるので、
ぜひご理解とご協力をしていただけたらすごく嬉しいです☆

④クリスマスケーキのご配送日ついては基本的にお受けしておりません。
でもすごく楽しみにしてくださるお客様がいるのは本当に嬉しいこと!

●クリスマス期間ど真ん中でないこと
●もし崩れなどがあってもすぐに送り直したりできないこと(もちろん日にちを改めて対応させてくださいね!)
●ケーキの種類が限られてしまうこと
●冷凍なので生のフルーツが使えないこと


などをお許しいただける仲良しの皆さまだけ、お声かけていただけた場合、ウチコからご案内させていただきますー(=´∀`)人(´∀`=)

ほんとは、たくさんの方に召し上がっていただきたいのですが、
普段と違うスケジュールということもあり、
このようなオーダーでお受けしてます(=´∀`)

本当にありがたい。。ありがとーーございます!

もちろん、イチゴが出始める季節です!おいしいケーキ屋さんが近くにあったら、ぜひぜひ、お早めにご予約しに行ってくださいね!

きっとお菓子屋さんもよろこびますー!

さて、そんなでこんなで。

来年から新しくハッピーシュガーが進化するために

12月から11時オープンとなります


なんかお知らせばかり(笑)ケーキの画像もないのに。。

そうそう。

プリンと




エクレアショコラ、カフェが






新発売ー(=´∀`)人(´∀`=)

手作りフォンダンがなんともいえない安息を与えてくれます。。ほわわーん

そんなわけでもう少しハッピーシュガーのクリスマス、ぜひおまちくださいねー(=´∀`)人(´∀`=)

さあ、毎日少しずつがんばるよー!


| | トラックバック (0)

2016.11.13

お菓子がそこにある物語vol.1【エクレア】

エクレアってあんまり馴染みがないお菓子ですよね。(=´∀`)人(´∀`=)でもお菓子好きの人は間違いなく大好きなケーキです。これはそんなエクレアとハッピーシュガーを舞台にした小さな物語。

お菓子ってとっても不思議。

さっきまで泣いてた誰かまでニコニコさせちゃうそんな力があるんです。

そんなお菓子がそこにある物語。
のぞいてみてくださいね☆


**************************************



ーーまただ。

私はこっそりため息をつく。

中学のときからの腐れ縁のミホからLINEがはいる。

【もう生きていけない】

とんでもない言葉とは裏腹に数時間前にミホから打たれた陽気なウサギのスタンプがやけに憎たらしい。

【どーしたの?】

何百回言ったかしれないセリフを見なくても打てるようになった。

間髪入れずに返ってきたのは

【ようちゃんと喧嘩した】というこの世で私が1番目にしたであろう10文字だった。

だいたいにしてあの彼氏はなんなんだ。

あんなにミホみたいにめんどくさい女と付き合ってる上に、

あんなめんどくさい女と喧嘩するなんて。

私の身にもなってほしい。

私はチラリと窓の外を見る。

今日は曇り。

ーーーまだあるかな?

先月新調したベージュのコートを羽織る。
とても肌触りがいい。
スカートはあまり履かないが、このコートにあうスカートを買いに行こうかとおもっている。

このコートを着て行く場所があまりに限られているのが、少し残念だけど。

曇り空は少しずつ暗くなり、風が頬をつめたく冷やした。

こんな日はあれに限る。

ミホにいつも泣きつかれて結局こうなるのだけど。
なぜかほっておけない。
それは、もはや昔からの刷り込みのようだ。

目的の場所についた。

駐車場には車が3台。

どうか、残ってますように。

『いらっしゃいませー!』

いつもの小さな可愛らしい店員さんが接客してくれる。
彼女が結婚していると聞いたときは驚いた。
あまりに生活感がなかったから。

どうりでお菓子屋にもマッチするわけだ。

私はショーケースをめざして目線を走らせる。

あった。。。




エクレアショコラ

つい昨日、このお店のオーナーのウチコさんのSNSの投稿でみたばかりのエクレアショコラだった。

なんでもフォンダンというお砂糖をなんとかしたものが乗ってるらしい。。

うーん。なんだっけ。

覚えてないけど、次は絶対これを買おうと決めていた。

『これ、2つください』

わたしが声をかけると小さな彼女が隣を指差す。

『今日はコーヒー味もでたんですー』




なるほど。

上の色がうっすら違う。

そしてチョコレートの玉も違う色だ。

『じゃ、1つずつください』

いつもどおり、持ち帰り時間をきく彼女にレシートはいらないと断った。

レシートなんかもらったら、いつの日か見返して腹が立ってしまいそうだからである。

水色のドアをでるとき、すこしだけウチコさんが顔を見せて挨拶をした。

さて。

はやくいかなきゃ。

ハッピーシュガーはミホの家から3分。
ミホのお気に入りのお菓子屋さんだ。

いつも彼氏と喧嘩して私に泣きついてくるとき、私はいつもハッピーシュガーのお菓子を買っていく。

前回は焼き込みベリータルト。
いや、モンブラリンだったか。。

500えんもしたから、たしかモンブラリン。。

どうせ、いまごろまだめそめそしてるに違いない。

だけど、私は嫌いじゃないのだ。

泣いてたくせに、お菓子を食べた途端
おいしいねえ!って
笑顔になるミホの顔が。

さて、つきましたよ。

今日のエクレアもきっとおいしいに違いない。
まずはチョコ味か、コーヒー味か、
泣くのも忘れてミホが迷うんだろう。

それにしても、この上にかかってるやつ、、

なんだっけな。


私はつぶやきながらミホの家のドアのベルを鳴らした。


end


| | トラックバック (0)

2016.11.11

迷う中学生のきみたちへ

自分にとって何がいいのか。

どの道を進んだらいいのか。

ゆらゆらゆれて、悩んで。

誰もがそんな時期がある。

そんな時こそ自分の中に答えがある気がするのです。




こんばんはー(=´∀`)人(´∀`=)

新潟県村上市にあるお菓子屋ハッピーシュガーのウチコです




つい先日、母校である新潟県荒川中学校で、

先輩を呼んで話を聞こう!という企画で
3年生の皆さんの前でお話しする機会がありました☆

質疑応答なので
たった20分のことです。

今年で3回目、、かな?ありがたくも今年もおよびいただきましたー

高校受験を目前にした生徒さん。

高校選びをどう決めたかって話で、
ウチコは柔道の推薦でいったのですが、

とーっても怖かったんです。

高校でやるの。。

女の先輩が中学でいなかったし、、
高校はみんな強いし、、とても怖くて、、。

でも、

やらないで

後悔したくないなあ

そんな思いが頭にあったんです。

やらなければ、何も怖くないし、
普通にいける高校にいって、
なんとなーく毎日すごして、、

全然わるくない。

でも、自分の中に聞いてみて

後悔するような気がしたんです。

やりたいことがあるならやったほうがいい。ほんの些細な好きなこと、なくさないで大切にしてほしい

そう、話した気がします。


その話が終わって今日たまたま




シュークリームのお届けにあがったのが
その時話を聞いてくれてた3年生の女の子のお家だったのです。

お母様に帰りに声をかけていただいて

「とっても心に響いたみたいで、すごくよかったっていってて、いま、揺れてた時だったから、、ほんとにありがとうございます」

そう、聞かされてウチコの方が泣きそうになってしまいました。


中学の頃の自分。

たくさんのひとに教えてもらったし、
いろいろ話してもらったけど、
心に残ってる言葉はそう多くない。

でも、何年か経ってやっと意味がわかったり、

時間を超えて自分を助けてくれる時があるんです。

ウチコの拙い話でも、1つでも拾って
誰か1人でも心が楽になったら
それはほんとに嬉しいことです。

いまでも仲良しの先生が中学の時、友達付き合いでおしえてくれたのは、

友達なんてつくらなくていい。彼氏作れ

でした(笑)

当時全然意味がわからなくて(笑)

はあ?よくわかんないこといわれたなあって
ただ、それだけ。

そして15年後に、そういえば、あれってなんだったんですか?って聞いたらね

友達って作ろうと思ってできるもんじゃない。自然となかよくなるものだから、無理しないでいいんだよ。彼氏作るのは頑張らないとできないけど




ええええー!ーーーー!!

つたわってないしーーーー(笑)

「え?俺言わなかったっけ?」だって笑

ってなんの話かっていうととにかく、、、

これからどんどん成長していく若者たち。

きっと私が彼らに教わることの多い世の中になるでしょう。

あたらしいこと。

どんどん生まれていく時代。

私が思いつかないことを、きっとなんなくやり遂げる若者たち。

気づかないうちに、周りに覆われて。

どこへ向かえばいいかわからなくなる。

そんな時は

ほんの些細な好きなことを見逃さないで。

そこにあなたが隠れてる。

自分は本当は何をしたいのか。

答えはいつだって自分の中にあるはずだから

ウチコもいつも心の中をのぞいて確認するんです☆

今年ももうすぐおわり。

素敵で一生懸命で、
ちょっと悔しくて、でも前を向いて
そんな春を迎えよう。

ウチコもがんばるよ☆



| | トラックバック (0)

2016.11.09

絶対くるはずのなかった場所にくるはずのなかったひとたち

何ヶ月も前から

この日に行くって決めてくれたり、

仕事のついでに時間をかけてくれたり、

ここは新潟県の村上市。はじっこ。

くるはずのなかったひとがたくさんくるお店。




こんばんはー(=´∀`)人(´∀`=)

新潟県の上のはじっこの方村上市にあるハッピーシュガーのウチコです☆

ハッピーシュガーはお菓子屋さん。

ウチコとまるさん、みかん、のんたん、
そしてみとみさんとあと2人臨時で強力なメンバーが補欠の小さなお菓子屋です☆

初めは、オンラインショップ。

SNSを始めてから少しずつオーダーが増えて
お菓子を食べてもらって。

あれから一年半。

毎日なにかしら発信して、
自分がなにをしたいかも見えてきたり、
でも迷ったり。

そして、
いつの間にか遠くから
お客様が。
お客様というよりお友達が訪ねてきてくれるようになりました(>_<)




新潟のはじっこの忍ちゃん。まさかの三時間かかるのーー(>_<)




大阪からまーのさん、あおいさん!
まーのさんにあうのは三回目!たくさんお話したー




三重からきてくれた今村さんと
お友達(=´∀`)人(´∀`=)
会いたかったひとに会えるって幸せやなーって声が聞こえてきてうれしかったー

その他もたくさんのひとが近くから遠くから毎日きてくれる。。


そして、、



この3人!!

北海道からさきーこさん、こうたさん、
船木さん!

3人ともウチコのお菓子をたべてくれて
いつもありがとうっていってくれた。。




さきーこさん風邪ひいてるし、

鼻水かんでるし、、

寒がってるし(笑)








なぜか北海道民のみなさま、、

新潟県の関川村を車で爆走(笑)





絶対普通ないよーーーーー!

さきーこさん、全然目を合わせてくれないの(笑)

恥ずかしかったんだって。





でも短い時間だものね、ウチコはグイグイ行きます笑

なんとかツーショットに成功!





全然話さなかったくせに

帰るときだけ寂しがって泣いてたよ(笑)

しんみり。





また来年会えるさ。

日本って広い。

北海道のひとに雪の軽さをおしえてもらう。

お魚のことをおしえてもらう。

水道が凍ることをおしえてもらう。

それを新潟県の関川村を車で走りながらおしえてもらう奇跡。

ウチコさんがいなかったら新潟には絶対こなかった




それがどんなにすごいことか
まだ実感がわかないの。

ただうれしくて。。

お肉とか
お寿司とか一緒に食べることくらいしか、
お菓子を買ってもらったり
たわいもない話するくらいしか
できないけど。

本当にありがとうございます。

今度はわたしが、行くから待っててね。

わたしは自分勝手で
すきなことばかりして、
ひとの役になんて立ててないといつも思ってました。


新潟に来たいと思ってくれるひとがいて、
わたしもすこしだけ
役にたててるなって
思えたんだー(>_<)

そして、来てくれたひとが
すこしでも幸せな気持ちになってくれたら
うれしい。

来てくれたみなさん、ほんとにありがとうございます。

今度はわたしが。



また会いましょう。

絶対にわたしが行かないはずだった場所で。


| | トラックバック (0)

2016.11.07

お菓子をlove letterにして

大好きな人に会える時間は

そう長くはない。

1日の時間は誰もが平等に持ってるけど

人の一生の長さはそれぞれだから。




おばんですー

新潟県村上市にあるハッピーシュガーのウチコです(=´∀`)人(´∀`=)

今日は母校に『先輩を迎えて話を聞こう』という企画によばれ、
いってきました(=´∀`)人(´∀`=)

中学の時どんなおもいだったか、
どんな風に高校をえらんだか、
その時の教えで役に立ったことはなにか
そんなことを
お話ししてきましたー

とは言っても20分程度ですけどね。

そんな中でこんな質問をもらったんです。

この仕事をして変わったことはなんですか

まだまだ未熟なわたしですが、
18から始めて15年ほど経つようです。
他人事みたいだけど(笑)

お店を始めて7年目。

自分の気持ちも、人の気持ちもよく考えるようになった。

この人はなにをして欲しいのか
自分はなにができるのか
どうしたら想いが伝わるか
どうしたら自分の中の優しくしたい気持ちが
伝わるか。。

毎日たくさんの笑顔がみれるこの仕事は本当に素敵な仕事です。




いつもがんばるまきこさん。
息子さんの彼女を喜ばせたくて、
なにより息子さんを喜ばせたくて、
ウチコに頼んでくれたケーキ。

涙が出そうなくらい素敵な写真。




直美さんのスタッフさんへの感謝の気持ちが詰まったケーキ。
みんなでお祝いするってほんとにうれしい。



自分はもちろん家族のために、
お菓子を頼んでくれるぼっちさん。
いつも写真には笑顔の素敵なおくさまがいる。きっとおくさまが喜んでくれるとうれしいんだろうなあ!




忙しい毎日。
ゆっくり話す時間もなかなかとれなくて。
こっそり反省するだんなさん。
だけど、ほんとにきっといつも感謝していて
その思いをケーキに詰め込んだ人。

人の生きる時間は限られてます

1日の時間は平等。
だけど、人の人生の長さは人それぞれ。

本当は感謝している。
ありがたいと思っている。
大好きだと思っている。

でも伝わらなきゃもったいない。

お菓子は大好きな人に贈るlove letterです

とかいって(笑)love letterかいたの最後いつだっけ?

そもそも、書いたっけ?

あ、思い出した。書いたよー書いた。

玉砕したのも思い出しちゃった(笑)

君を想っている。
喜んで欲しいと思っている。
笑顔が大好きだから。
もっと、仲良くしたいんだ。

晩年、うまくコミニュケーションがとれなくなったウチコとおばあちゃん。

そんなおばあちゃんにお菓子を食べてもらう時、すこしだけ繋がれた気がした。

おいしいって。
笑ってたっけ。。

もちろんウチコのお菓子でなくてもいいんです。

お菓子はね

ほんのすこし素直になれて

優しくなれる魔法なんだよー☆

魔法をうまく使って、あなたも、あなたの大切な人も笑顔になったらうれしいです。




| | トラックバック (0)

2016.11.05

恋せよアップルパイ☆命短し

アップルパイ=シナモン☆

そんなイメージありませんか?

ウチコのアップルパイのイメージは

フルーティーで甘酸っぱいイメージ!

恋しちゃうようなアップルパイです☆




おばんですー☆

新潟県村上市にあるお菓子屋ハッピーシュガーのウチコです☆

ウチコは保育園時代の愛読書は『美味しんぼ』でした!

数々おいしいものが出てくる中で、
ある話の中でアップルパイの話があるんです。

こんなの本当のアップルパイじゃない!!ってアップルパイを毎回頼んで悪態を吐く青年。

その実は、生き別れになったお母さんのつくったおいしいアップルパイを求めて、
食べ続けて、でもちがうから、
はねつけてを繰り返す男性がでてきます。

なにが違ったのか。

まずは

りんごの種類がお母さんのと
他の店のでは違ったのです。

それがこの




紅玉です。

酸っぱい紅玉はジャムやお菓子にするのにぴったり!

昔の方がもっと酸っぱそうだけど、、

しかもいまは色んなりんごありますし。

でも
ウチコのなかのアップルパイは
この紅玉のアップルパイ☆

最後に男性が食べたアップルパイは
お母さんのアップルパイと同じ味で、
急いで厨房にいくと、
生き別れたお母さんが会いに来るために作ってくれていた、、

という最後だったなあ。。
うう(>_<)泣けてくるう。




さてさて。

そんなわけで紅玉でつくりたかったんですね!

シナモンをいれた王道もいいけど
(ウチコはシナモン大好きっす)
自分のアップルパイはフルーティーで
甘酸っぱいフレッシュなものを作りたかった。


んー、これは後付けだけど。

なんか甘酸っぱい恋してるみたいなアップルパイね!(=´∀`)人(´∀`=)

すてきじゃーん。

だけど恋するアップルパイだと
アップルパイが恋してるみたいだから

恋せよアップルパイ

にしたんだよー。

どんだけでも恋してください☆この冬、素敵な恋を☆








お店では生クリームつき↓☆



カットしてオーブントースターであっためてもおいしい!
そのときはバニラアイスか生クリームを
そえると尚、うまし!

オンラインもはじまりました☆

恋せよ☆アップルパイページはこちらから
冷蔵配送なので、
冷凍のものと一緒に頼むときはご相談くださいね☆

さてー

そんなわけで







明日もこんがりたぬき色に焼こう。

1番恋してるのはウチコかもしれないな。

また明日☆





| | トラックバック (0)

2016.11.04

あなたはなんのためにその仕事に人生を捧げますか?

近い将来いらなくなる仕事がたくさんあるという。

ネットで調べるといくらでもでてくる。

だったら今のわたしの仕事は?

きちんと気持ちを決めないと

ほんとになくなるかもしれません。




みなさんいかがおすごしですか?

新潟県村上市にあるハッピーシュガーのウチコです☆

近い将来、人間がしている作業のほとんどがコンピューターでまかなえてしまう。

よくそんなことを聞きます。

正直ほんとにそうだとおもう。

日本は特に少子化で若い人がすくなくなれば
機械にたすけてもらうこと、
もしくはコンピューターのほうが安心して生活を任せられるかもしれません。



(近い未来、こんなロボットもたくさん町をあるくかも)

では、わたしたち人間はどう生きていくの?

芸人の西野さんは

好きなことしか仕事にできなくなる時代がくる

となにかで答えていました。

なるほどなあと思った。

嫌だと思っていた細かい手続き、
雑務、誰にでもできる仕事、
それは全部コンピューターがしてしまうから。

人がやる仕事は、好きなことしかできなくなる。


ウチコは考えました。

人の願いはどの時代もあまり変わらないんではないかと。

欲しいものも、
迷うことも、
あまり変わらない。

人と繋がりたい。
人に認めてもらいたい。
人と仲良くしたい。
人に愛されたい。

こんな想いはどの時代も人々の心を占めているのではないかとおもったのです。

車も、たばこも、お酒も飲まない若者が
携帯電話だけは絶対に持っている。

それはなぜか。

つながることへの欲求がかならずあるからだとおもうのです。


人と人をつなぐもの。

そこに人はお金を使う。欲しいと願う。

お菓子屋さんの仕事は、
お菓子を売ることだとおもったら、
この先、きっと小さな店からなくなってしまうかもしれないな、と思っています。

お菓子をあげたり、買ったり、食べたり、作ったりを通して、





誰かに優しくする楽しさ、幸せ、
家族みんなで作る思い出の時間、
いつもご飯を作ってくれる人への労い、感謝、
ものをたべれることへのありがたさ、



そんなことを伝えていきたい。
そんな思いがあふれていたらどんなに幸せな人生だろう。

いつのまにかそう思うようになりました。

人の変わらない願いを
自分の仕事をする意味に照らし合わせて
自分にできる事を精一杯やって生きていきたい。

コンピューターだらけの世の中でも
お菓子をつくりつづける意味を
わたしは世の中の人にこれから示し続けて
誰かの幸せを目の前でみていたい、、、


できればおばあちゃんになるまで。

ウチコにはそんな夢があるのです☆

あなたの仕事は10年後、人に必要とされているとおもいますか?

あなたでなければならない理由、
わたしでなければならない理由、

なんのためにあなたはその仕事に人生を捧げますか?








| | トラックバック (0)

2016.11.04

谷川俊太郎さんの詩

悲しい歌や
切ない映画がすきだけど、

残忍な怖いものは見れません。

何が違うのと言われたら、

美しいか美しくないかだと、

いうかもしれません。




こんばんは(=´∀`)人(´∀`=)

新潟県村上市にあるお菓子屋ハッピーシュガーのウチコです

つい先日この本を手に入れました。




『考える人』

帽子山さんがブログでオススメしていて、
つい、買ってしまいました。

どうしてかっていわれると、

やはり文章を書いて暮らしている人への憧れが捨てきれないのと、

谷川俊太郎さんの特集だったからです。

あまりにも有名すぎてまったく興味がありませんでした。

でも、知っていたのはスヌーピーの翻訳と、
その他たくさんの翻訳と、
教科書にのってた詩人の人ってこと。

でも、知っておきたい、という欲求でつい買ってしまったのでした。




『昨日のしみ』

まっさらみたいに思えても

今日には昨日のしみがある

すんだことさの一言を

漂白剤には使えない

涙をシャワーで流すだけ


はじめて、
大人になってから谷川さんの詩を読みました。

なんてシンプルで、
そして心に響くんだろう。

そう思った。

結局人は
なかったことになんてできない。
罪も愛も楽しさも切なさも悲しさも
全部重ねて生きてる。

そんな当たり前のことを
書いたようにみえました。

でも当たり前のことを誰かに言ってもらうと

なんでこんなにほっとするんでしょうね?

谷川さんのインタビューの中で
ほんとは全部なんだけどその中でも
とても心惹かれた部分がありました。

それは、3人目の奥様が

佐野洋子さんだってこと。

だれ?とおもったひとも

百万回生きた猫

を描いたひとといったらわかるかもしれません。

あの有名すぎる絵本をよんだあと、
すぐにエッセイを読んで佐野さんをすきになりました。

その人が、すきだった方。

それだけで谷川俊太郎さんが
素敵な人だとおもうのは
全然間違ってないとおもうのです。

明らかに佐野さんのことを書いた詩は
まるでラブレターのようでした。

谷川さん自身、
自分の詩は狙ってる。と言っていました。
ちゃんと誰かに響くところを狙ってると。

それが意外で、
でもそれが逆にかっこよくて
さらにすきになった。

言いたいことも自分にはとくにないってところも、
かっこいい。。

詩人のひとたちの
紡ぎだす言葉がなんだかすこしだけ
物悲しいのはなんでだろう。

物悲しいから美しいと思うのか
美しいから物悲しいのか。

どちらにせよ、
もっと谷川俊太郎さんの詩を読んでみようと思った休日でした(=´∀`)人(´∀`=)

みなさんは詩を読みますか。

すこし疲れてしまったら、
少ない言葉の奥の意味に
ほっと癒されるのもありかもしれません☆









| | トラックバック (0)

2016.11.03

モンガくんがやってきた!

それは突然やってきた

ウチコは、たくさんの出会いとつながりを通して、全国に尊敬するお菓子屋の先輩が出来ました。

それは、いままでにないことでした。

いつも1人でつっぱってきたウチコには嬉しくてたまらないことでした。

その中でも大阪のモンガトウの長尾先輩は、
とっても優しくて、あったかくて、大好きな先輩です。

そんな先輩からある日、
ウチコにあるものが送られてきました。

それは長尾先輩が大切にしてるモンガくんだったのです。




こんばんは☆

新潟県村上市にあるハッピーシュガーのウチコです☆

モンガくんはモンガトウさんで大人気のソフトクリームのキャラクター!

長尾先輩のことをウチコはめがあね先輩と呼んでます。
理由はまたこんど。。(笑)

めがあね先輩の大切なモンガくんは
大阪製缶の清水社長の指令で全国を回ってるとかないとか。。




清水社長の大阪製缶さんの缶はめっちゃかわいい!

そんなモンガくん。

とにかく一緒に楽しんじゃおうとウチコは決めたのです!























モンガくんがいると
不思議とめがあね先輩と一緒にいるみたい。

そして、そのモンガくんと写真とったり、
会いにきてくれるお客様が!









偶然でもなんだか笑顔でにこにこみんなとってるー!

ハッピーシュガーのキャラクター、スプンくんもモンガくんをほんわり受け入れてる模様。。











モンガくんとの毎日はまだまだつづく☆








| | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »