« 大きな意味より大切なこと | トップページ | 男と女の不都合な真実 »

2016.07.07

今日は七夕だから


こんばんは、ハッピーシュガーのウチコですー

今日は七夕ですね!織姫と彦星が一年に一度会える日。
ドリカムの曲、あんまり知らないくせに、
7月7日の曲があって、それがすごくなぜか好きです。

今朝、ウチコのおばあちゃんが天国に旅立ちました。
98歳?だったかな。

はじめて、人が亡くなる時に居合わせました。

おばあちゃん、肌が綺麗な人でよく昔から手作りの化粧水つけて、髪はウチコが小さい時から茶髪で。
洋服も柄と柄あわせて、お出かけの時はいつも毛皮をつけてて、19歳の時もらったのも
真っ黒の狐の毛皮でした(笑)

ちょっと変わってて、
ほんとにおばあちゃんになってからは、
寂しがりやのちょっとワガママで(笑)
ウチコのお母さんやお父さんを困らせたりしてたけど、

私が本を読むのが好きなのも、
梅干しが好きなのも、
漬物が好きなのも。
料理が好きなのも、
何かを作るのが好きなのも、
綺麗なものをみたり、着たりするのが好きなのも、
きっとおばあちゃんの孫だからかもしれません。

おばあちゃんはとてもセンスが良くて、
お家に生花をよくしていて、
正直おばあちゃんが生けたとは思えないくらいセンスの良い、生き生きした、
かっこいいお花で。

「やっぱセンスあるわあ」って思ってました。

「いーろー?(いいでしょう?の意味)」
っていつも聞かれて、ほんとにいいから、
「うん」って答えてました。

小さい時、ついにおばあちゃん離れの時がきて、人前で手を繋ぐのが恥ずかしくてたまらなかった時。

そっと離すと、すぐにおばあちゃんの手が追いかけてきて、
またそっと離すと、また追いかけてきて。

おばあちゃんを傷つけたくない気持ちと
でも繋ぎたくない気持ちに挟まれて、
デパートを歩いたのをいつも思い出します。

人は年をとると、若い時とは違う感じになったり、いうこともちがったり、
するから。

ウチコが小さい時のおばあちゃんと
今のおばあちゃんは違う人みたいだけど、

でも、亡くなる直前に手をつないでいたとき、やっとあのとき繋ぐのを嫌がった手を
自分からつないで。

あのときとは逆の立場になって。

おばあちゃんは小さい子みたいに、
黙って手をつながれてました。

はじめて人が静かになるのを
見ていました。

涙が出てきたけど、悲しいわけではなかったです。
きっとおじいちゃんが迎えにきたんだなーとおもいました。

おばあちゃんは生きる意欲が満々で!
いつも死なないように気をつけてたから、
もう、死ぬことが怖くなくなって、
ほっとしてたら、いいなと思いました。

七夕に天国にいくなんて、
やっぱりおばあちゃんはおしゃれだなー。

そんな風に思うのは、おばあちゃんがおしゃれだったからだなあ。

相変わらず実家も私も商売屋で、
なにかこんなことがあっても、
仕事がこーであーでとか、
いいながら、悲しいことがあってもやらなければならないことがあるのは、とてもありがたく、今日もミートパイを焼きました。

今日は七夕。

おばあちゃん、久しぶりにおじいちゃんに会ったかなあ。

そんなおしゃれなおばあちゃんの七夕のお話でした。




なぜかおばあちゃんが持ってたリーバイスのバンダナ。もらっちゃお。

ありがとう、おばあちゃん。おじいちゃんによろしくね。

書いた後にたくさん涙が出てきて、やっぱり悲しかったのだと、
もう大人になって人前では泣かないもんなんだなーと。
1人のときにたくさん泣くもんなんだと変に納得したのでした。

|

« 大きな意味より大切なこと | トップページ | 男と女の不都合な真実 »

うちこつれづれ」カテゴリの記事

ウチコが出会った人たち。」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1370212/66393862

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は七夕だから:

« 大きな意味より大切なこと | トップページ | 男と女の不都合な真実 »