« ウチコ東京旅【奥ノ谷さんとハンバーガー編】 | トップページ | 食べるより作ることがすきだった »

2016.05.02

人にやる気をださせるということ。

その人の可能性をみせてあげること

こんばんは(=´∀`)人(´∀`=)新潟県村上市ハッピーシュガーのウチコですー!




いま、ご飯の帰り途中ー!

突然ですが。

やる気がでるときってどんな時だとおもいますか。。

じつはウチコ、やる気だけはいっちょまえな人間です。やりたいことたくさん。昔から!

でも、だからこそやる気のない、と感じる人のこと理解できなかった。

誰かと働いたり後輩と一緒に仕事してて、正直

なんでこんなこの人やる気ないんだろ

って思ったりしてました。

そうじゃないってことにきづくまで時間かかりました。

上の立場のわたしがこんなですから、もっとその子との温度差が広がって、
結局やめてしまったり。

でも、自分はなにも悪くないと思ってたんです。

恥ずかしいけど。

お店を6年やって。

気づいたこと。

やる気がないんじゃなくて、なにをすればいいかわからない。
やる気がないんじゃなくて、なにができるか想像できない。
自分の可能性が見えない。

ほんとはそうなんじゃないかなって。

自分も壁にぶつかったり、もうどこに進んでいいかわからなかった時、
助けてくれたのは人でした。

尊敬すべき人たちでした。

別になにかをもらったわけでも、
変えてもらったわけでもありません。

その人たちと会うと、話すと、

自分の可能性がもっと広がって見えた

だけなんです。

ああ、わたし、もっとよくなる。
こんなことできる。
きっとすてきになるわ。
この人みたいに。

そう、自分に可能性を感じた時、人は意欲を燃やすのだと気づいたのです。

それは自信ともいうかもしれません。

人は知らないうちに限界を決めています。
きっとこれくらいだろう、自分は、、って。

でも、違うんだってスタッフに思わせてあげるのが、わたしは自分の仕事だとおもい始めたのです。

そして、自分がそれの邪魔をしちゃいけないんだよな、とも思う。

難しいことかもなーとは思います。
人は他人を変えることなんかできないし、
わたしが良かれとおもったことが合ってるとは限らないし。

だけど、見せてあげたい。
ひとりひとりのすてきな可能性をもっと。
そのためにもっと自分がよくなりたい。

こないだこんなことあったんです。

「できない自分がいやだ」って言ったんです、その子。

だから言いました。

一ヶ月前と今、なにも変わらない?って。

想像してみて?

じゃあ、今と一ヶ月後、何にも変わらないとおもう?って。

「なにかは変わってると思います。。」

小さな声で言ったその顔はもう、泣き顏ではなかったです。

きっとほんの小さな、でもできるようになる可能性を感じた瞬間だったとおもう。


ウチコが初めて買って、使ったすてきな皿。
自分の生活にもっとすてきな時間が増えることを感じさせてくれました。






すったもんだの喧嘩の末(笑)仲直りしたきっかけの棚は、ウチコにも綺麗に整理整頓できる可能性をおしえてくれた。



初めて行こうと思ったお菓子教室は自分のお菓子人生をもう一度みなおしてさらによくなる可能性をみせてくれた。



逆にわたしのお菓子で誰かの毎日が楽しくすてきになるようなことをもっとしていきたいとも思った。

同じことをまずは身近な一緒に働いてくれるスタッフにできるように、
わたしはすごしていきたいな。。


すぐそばに夏が来ようとしています。

また来年、すこしでもお店が中から成長して
自分もパワーアップしてますように。

そんなことを強く思った1日でしたー。









|

« ウチコ東京旅【奥ノ谷さんとハンバーガー編】 | トップページ | 食べるより作ることがすきだった »

うちこつれづれ」カテゴリの記事

お菓子。」カテゴリの記事

ウチコが出会った人たち。」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1370212/65281739

この記事へのトラックバック一覧です: 人にやる気をださせるということ。:

« ウチコ東京旅【奥ノ谷さんとハンバーガー編】 | トップページ | 食べるより作ることがすきだった »