« 簡単かぼちゃジャムの作り方☆ | トップページ | お金も愛も先に出す »

2015.11.05

大事にしたい「好き」のきもち

好きをいつまで大事にできる?

おはようございます(о´∀`о)ハッピーシュガーのウチコです☆


1446674329631.jpg


お菓子やさんになりたいと行った時、あれは18のときのことでした(о´∀`о)

専門学校にいきたいといったら、大反対されました。

大学に行った方がいいって。。

何度も言われた気がする。

でも自分が本当にやりたいことはなんだろうって考えて、とにかく大学にはそれはないんじゃないかと思って、

はっきりと親に伝えたのを覚えています。

「大学でやりたいと思うことが私にはなにもない。時間もお金も無駄にすると思う。
手に職をつけたいから専門学校に行かせてほしい」って。

親はいいました。

「苦労するよ?それでもいいの?」

それでもいいとウチコは答えて、そして
それから10年後、お菓子屋さんを開きます。


1446674152283.jpg


ひょんなことから去年と今年と母校の中学校で質疑応答式のプチ講演会?に先輩として呼んでいただきました!

20分程度の簡単な質疑応答で、どうやって仕事を選んだとか、中学校のときどんな生徒だったかなんて聞かれたりしました。(о´∀`о)

たはー。

ウチコでいいんかいな。そう思いながら(笑)

ウチコは子どもがいないので、
だから子供を持ったお母さんやお父さんの気持ちには完璧にはなれないかもしれません。

でも、子供だった自分がしてもらって本当にありがたかったことはわかる(о´∀`о)

好きなことを好きなままでいさせてくれたこと。やらせてくれたこと

「自分のなりたいことをいったら親が反対してて、なりたい方にいったらいいか、親がいう方にいったらいいか、わかりません」

そう中学生の女の子に相談されました。


1446674153101.jpg


親はきっと子供に幸せになってほしいから、色んなことを子供にいう。

だからウチコに言えるのはひとつだけ。

お父さんとお母さんはあなたが幸せにしているのをみるのが嬉しいと思うから、

わたしだったら好きなことをして幸せになるようにがんばるよーって。

子供たちだって、おなじくらい親を喜ばせたい。そう思ってるんだよね。

だから、悩むんだなあ(>_<)

実は子供たちになにかを伝えたかったよりもウチコは先生や周りの大人のひとに伝えたかったんです。

生徒の小さな、些細な「好き」を見逃さないで。笑わないで。潰さないで。

小さな時にはほほえましかったその「好き」を

大人になる瞬間に、否定しないで。


1446674153927.jpg


このかわり続ける世の中でいつかそのちいさな「好き」がその子の輝く未来になりますように。

昔、子供だった大人になったウチコはそんなことを子供たちを見て思ったのでした。(о´∀`о)


はい!

それでは本日の教訓です!

子供たちのどんなにちいさな好きも認めてあげて。それはいつか大きな武器になる!

もちろんウチコの仕事はいまでは両親も応援してくれています。

それはウチコが幸せそうだから、だと思う。

ずっとそんな姿をみせたいと思う、ウチコです。

自分の「好き」誰かの「好き」

あなたは「すき」を大事にしてますか?


本日は以上でーす(о´∀`о)

|

« 簡単かぼちゃジャムの作り方☆ | トップページ | お金も愛も先に出す »

HAPPY SUGAR。」カテゴリの記事

うちこつれづれ」カテゴリの記事

お菓子屋ですけど」カテゴリの記事

ウチコが出会った人たち。」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1370212/62367594

この記事へのトラックバック一覧です: 大事にしたい「好き」のきもち:

« 簡単かぼちゃジャムの作り方☆ | トップページ | お金も愛も先に出す »