« あんたんとこのゼリーっておいしいんだね。と、母は言った。 | トップページ | 梅雨の時期、甘いの駄目ならサレを食え! »

2015.05.24

わたしが思う、スタッフとうまくやるコツ

今日はスムージーがよくでたなあ。なにげに、ほうじ茶ラテスムージーのほうじ茶パウダーが、南山園の炭火ほうじ茶になりました!
よりおいしくなりましたよ(о´∀`о)

こんばんは、ウチコです(о´∀`о)

今日は9月で五周年のハッピーシュガーに思いを馳せたついでに、スタッフとの関係性で思ったことを書いてみます(;´∀`)

うちのスタッフはいま夜の掃除のみとみさんを
抜くと

1432475414461.jpg
まるちゃん
1432475415253.jpg
のんさん
1432475416039.jpg
せいこさん
1432475416903.jpg
そして、わたし。

この3人とオーナーのわたし、はっきりいって絶対ともだちにはならない四人です!!
性格も好みも考え方もばらばら。
せいこさんにいたってはほぼ宇宙人。
でも、
なんだかんだまるちゃんとのんさんは5年目。
せいこさんは3年目です。
どうしてうまくやってこれたか。。
もちろんみんなのおかげですが、わたしがスタッフに接するときに心がけてることが、ありました(о´∀`о)

1、私がお店でやりたいことを明確に伝える
自分がどういう店にしたいのか、どういうお菓子にしたいのか。それをとにかく刷り込むように伝えます。そうすると注意したりしなければならないときも、「こうしないと思ってることと変わってしまう」と相手にも納得して貰いやすいと思うからです。

2、普通はこうする!とか、常識だよ!といわずに、私はこうしてほしい!という言い方をする
これは恩師に教えていただいた言い方です。
ひとそれぞれ常識は違います。自分の常識が一番と思っているひとは手に負えません(笑)
納得もしてもらいづらいです。
なので、正しいか間違っているかは別として、
わたしはこうしてほしい、とはっきりいいます。
3、自分がしてあげたいことと相手がしてほしいことが同じとは思わない
これはなかなか難しいですが、よかれとおもって厳しくしたり、押し付けたことがそのひとの
望んでいるものとかけ離れていると、なかなかうまくいきません。でも向上心は大切なので、私はつねに「あなたはどうなりたい?どうしたい?」と聞くようにしてます。その答えによって、必要だと思うことは教えたり、忠告したりします。
4、それぞれが違う人生を一生懸命生きていることを忘れない
どうしても雇う側と雇われる側とは同じ気持ちにはなかなかなれません。
だけど、どんな立場のひとでも今日を生き抜こうと必死です。おなじです。
それをわすれないようにしています。
そして、一番大事だとおもうことは、
5、弱味をさらけだすこと。

オーナーだから、シェフだから、つねに正しくないといけない、つよくないといけない。
私はそんなのは無理だから、早々にみんなに頼っちゃいます。
あなたのほうが上手だからやってー、とか。
わたし、わかんないから教えてー、とか。
だって、わたしができなくてみんなができるとこいっぱいあります!
年齢なんか関係ない。
そうすることは、みんなのいいとこを見つけることにも繋がりますしね。


もちろんこれは徐々にきづいたことがほとんどなのではじめからできてたわけではありません。しかも、これは私の考えなので他のかたに当てはまるかもわかりません(´ 3`)
むかし、わたしが思いやりにかけていて、違うスタッフがやめざるを得ないときも、ありました。
あのときこうしてあげてたらなーといまでもおもいます。
わたしもできた人間じゃないから、間違いもたくさん。むかつくこともスタッフにムカつかれることもあるでしょう(о´∀`о)

でもそれでいいんです。
むかつかれても、いらつかれても、あきれられても、最後に協力してくれたら、それでいいとおもってます。
1432475653775.jpg
なんにせよ
やってこれた裏側にも、表側にも、
わたしのワガママをきいてくれたみんながいてくれたからなんですね!ありがとうーー!
みんな、わたしのブログよんでないときあるけどきにしてないからあーーー!!(笑)
よんでね(涙)

というわけで
本日の教訓です。
弱味やみっともないとこをさらして、この人しようがないなあー、たすけてやるか!と思われたらこっちのもん!

以上でーす(;´∀`)

|

« あんたんとこのゼリーっておいしいんだね。と、母は言った。 | トップページ | 梅雨の時期、甘いの駄目ならサレを食え! »

HAPPY SUGAR。」カテゴリの記事

うちこつれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1370212/60122242

この記事へのトラックバック一覧です: わたしが思う、スタッフとうまくやるコツ:

« あんたんとこのゼリーっておいしいんだね。と、母は言った。 | トップページ | 梅雨の時期、甘いの駄目ならサレを食え! »