« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010.12.27

クリスマスを終えて。

なんて、べたな小学生のようなタイトル。。。(笑)

だけれども、ほんとうにおえました。ありがとうございましたー☆

奈良から帰ってきてお店をたてて、今年一番の山場だったクリスマス。

200台近くのクリスマスケーキが皆さんのもとに届くこととなり、

近くの方、遠くの方、雪の中本当にありがとうございました。

一人で作っているので定員いっぱいでお断りせざるを得なかった皆様、本当に申し訳ありません。

だけれども、お問い合わせいただけただけで、本当にありがたかったです。

ありがとうございました!!

クリスマスは、お菓子屋さんにとって大イベントであり、ケーキ戦争☆

普段は作ることのない膨大な数をこなさなければならないのだから

いろんな工夫も必要だし、もちろん限界の設定も見極めなきゃです。

ウチコが今年、HAPPYSUGARのクリスマスを迎えるにあたって、貫こうと思った信念は、

『いつも以上に美味しいクリスマス☆』

と、いうこと。

当たり前のようで、なかなか難しいこの決意を胸にスタッフ三人と共に

クリスマスに向けて準備してきました。

数はひとりでこなせるかこなせないかのぎりぎり設定。

人数もバイトさんやお手伝いを一人も入れないことに決めました。

この四人で出来るクリスマスをやろう。

そうきめたのです。

ウチコのお菓子に対する気持ちや、したいこと、したくないことをいつの間にか

分かってくれている三人のスタッフ。

だからこそ、気をまわして、時には励ましてもらって、何とか乗り切れました。

もちろん味には人それぞれ好の味があります。

だから、一口に『おいしい』って難しいけど、それでも

今自分にできる全部を出し切って作ってみました☆

ケーキをお渡しするためにお見せした瞬間のお客様の

『わーーーーー!!』の声と、嬉しそうな顔☆

大人になってから、わーーーーって言うくらい嬉しいこと、あんまりないと思いませんか☆

ウチコはないです(笑)

だから、本当にそんな嬉しそうに帰っていく方たちをみて、ほっこりできた幸せクリスマスでしたー。

しかし、しかし。

過去は引きずらないのがウチコ流☆

もう、気持ちは御正月に向けてばく進中ーーー!!!

はい、

こちら!!!!!

Img_5795

ガレット・デ・ロア☆

フランスでは御正月の定番、サックサクアーモンドパイです☆

中には陶器のお人形フェーブが一つ入っていて、

Img_5783

みんなで切り分けてそのお人形が当った人には、王冠がプレゼントされ、

一日王様になれちゃうんです☆

しかもいちねんHAPPY が約束されてますよーー☆

陶器が割れたりすると危ないので、HAPPYSUGARでは、代わりにアーモンドを入れてます☆

来年は2011年☆

だからー

18cm 2011円にて1月1日より販売開始です☆

店頭にも出す予定ですが確実に、という方はぜひぜひご予約お待ちしてます☆

賞味期限も5日間☆配送も可です☆

おととしウチコは、ガレットのアーモンドが5連続当たるという、気持ち悪いくらいに

強運の持ち主☆ひひ。

そんなウチコが作ったガレット、ぜひお試しください☆

1月中限定発売ですー☆

さ、皆様それではよいお年を☆

あーそうだ。

30・31・1・2・3は、あけております☆

大みそかは5時閉店、お正月は11時開店、5時閉店です☆

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.12.14

年末HAPPYSUGAR

もう12月。。。

本当にはやかったなー。

しみじみ感じる今日この頃です。

オープンから三カ月。

初めてなことだらけで、不安もいっぱいあったけど、それでも楽しくやってこれたのは

本当に周りの方々のおかげです。

3人の一生懸命なHAPPYスタッフにはじまり、その家族の皆さん。もちろんウチコの家族

や御世話になってるみなさん。

毎日顔を出してくれた友人たちや、先輩や後輩、先生たち。

お店をつくるにあたって協力してくれた業者さんたち。。

他にも本当にたくさんの気持ちが、HAPPYSUGARを助けてくれた。

そして何より、HAPPYSUGARのケーキを買いに来てくれたお客様。

本当にありがとうございます。この場をかりて、お礼を申し上げます。

お菓子を通じて、本当にたくさんの方々と触れ合った三カ月だったなー。。。

うちのお菓子を家族で取り合ったとか(笑)、食べさせた誰かが、本当に喜んだとか、

お菓子を食べれなかった人が食べれたとか。。。

色んな話を聞くたびに、とてもうれしくて、幸せで、何とも言えない幸福感に満たされました

HAPPYを降り注いでいる気になってたけど、本当は私がいちばん、もらってました。

みんなに。

ありがとうございました。

しかし、まだまだ夢ははじまったばかり。ウチコにはやりたいことや、やれてないこと、、、

いっぱいありますので、年末年明け共にHAPPY目指して頑張ります☆

さてさて、もうすぐクリスマス。

HAPPYSUGARは内装外装もクリスマス満載です☆

ほらほら。

037 042 039 041 キラキラじゃーん☆

そうなんです、ときめきを運ぶよちゅーちゅートレインとHAPPYメリーゴーランド☆

クリスマス期間26日までHAPPYSUGARを盛り上げてくれます☆

イエイイエーい☆

そんでもって、これはおまけ。

つい先日スペシャルオリジナルケーキとしてつくった二品。

かわいくできたから、見てみてください★007 エクレアダックスのおっきいバージョン☆かわいーじゃないかー☆

032 035 034 BONBONシューでつくった、クロカンブッシュ。1メートル近くまで積み上げた

おっきなクリスマスケーキ☆

どっちもはじめてだったけど、こういう夢を託したオーダーは大歓迎☆

ウチコの勉強にもなりました。

とっても喜んでもらえて私も一安心。。。もらう人が喜ぶように。。

それを一番に思いながらつくったお菓子たち。

これからも初心を忘れず、頑張ります☆

年末年始HAPPYSUGARは30・31・1・2・3と営業しております☆

1月1日には、HAPPYスタッフが素敵な着物を着て皆さんをお待ちしてます☆

ウチコも着たかったなあ。。。

お正月限定のアノお菓子も登場です☆詳細はまた後ほど☆

お楽しみに☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.12.05

Angelo musa シェフ の言葉

2010年5月。

まだ、HAPPYSUGARは構想の段階で、

ある日、お師匠様から声をかけてもらって参加した講習会のアシスタントの仕事。

フランスのMOFのAngelo Musa(アンジェロ・ミュサ)シェフの講習会の

アシスタントとして私は一週間東京に行くことになりました。

MOFとは、

国家最優秀職人章(こっかさいゆうしゅうしょくにんしょう、Meilleur Ouvrier de France、MOF)はフランス文化の最も優れた継承者たるにふさわしい高度の技術を持つ職人に授与される称号で、その名誉は日本の「人間国宝」に相当するもの。

ものすごくハイレベルな試験を合格した者のみが得られるパティシエとしては最高峰の勲章です。

本当だったら、私なんて、一緒に仕事することがかなわないくらいすごい人なのです。

なんてラッキーなんだろう。。。

ウキウキワクワクしながら行ったウチコに、ウキウキが吹っ飛ぶ一週間が待っていました。

何がすごいってカリキュラムの重さ。

二日間を1セットとした講習会が三回分。

シェフのアンジェロは、これでもかというこだわりを持つ方でした。

とにかくレシピが細かい。

そして既製品をほとんど使わない。

お菓子の材料は、近年、買おうと思えば大体のものがそろいます。

もちろん、手つくりできるものも、人件費、コストを考えて作らずにもうできているものを

買っているお店がほとんど。

だけど彼はほとんどが手つくり。

もちろん手間もかかります。

朝から始まった仕事が帰りがほとんど夜の12時になるのも当然でした。

しかもフランス語ができるのはお師匠さまだけ。

意志の疎通も通訳さんを通してするのがやっとです。

恥ずかしいことに私も片言どころかろくに数字も言えない始末。

本当に今思うと申し訳ないことだらけです。

それにくわえてシェフの指定した材料が日本では手に入らない。。。

『なぜ、こんなに考えてきたレシピなのに、この材料がないんだ。』

シェフも頭を抱える場面が多くありました。

緊張と問題点を抱えながら始まった講習会だったのです。

しかし、

はじめは他の先輩アシスタントたちも彼の細かさとカリキュラムの多さに参り気味でしたが、

何日か経つうちに、何かが確実に変わっていきました。

彼のお菓子に対する情熱。

こだわり、愛情。

そして何より、シェフのまっすぐな人柄。

本当だったら、不慣れな自分たちを責めてもいいはずなのに、

毎日、『遅くまで一緒にやってくれてありがとう』と言ってくれました。

日に日に

とにかく、講習会を成功させよう。

みんなの気持ちは一つになっていました。

日を追うごとに講習会はスムーズに進み、私達も流れを読み、スピードを上げ、

初日からナーバスになっていたシェフにも自然と笑みが浮かぶようになりました。

そして三日め、すぐシェフの後ろのポジションで仕事をしていた私に

講習会が終わった瞬間、振り向いて

『today....good job!!!!!』(今日の仕事はよかったよ!!!)

そういってくれたのでした。

フランス語のうまく話せないウチコに、英語で。

怒涛の6日間が終わり、お別れの前の日。

私は拙い英語で彼に質問をしました。

『あなたはお菓子を作っている時、幸せですか??』

と。

彼はなぜそんな当たり前のことを聞くのかい?という不思議そうな顔をしてから、、

『yes』

太陽のような笑顔で答えてくれました。

そして、今。

私は念願のお店を、HAPPYSUGARを開店させました。

そしてふと思い出すのが彼の『yes』.

私は今、フランス語スクールに通っています。

いつか、また彼と一緒に仕事がしたい。

それは叶うかわからない夢の一つだけど、

その時には英語ではなく、フランス語で。

あのときよりももっと成長した自分で。

いつか、きっと。

余談ですが、彼のお菓子は最高にスペシャルにおいしかった。

びっくりするくらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »